栄養部のかんたん健康レシピ / RECIPE project

9

見た目ゴージャスなのに低GI愛情+健康が嬉しい 本気のバレンタインケーキ

材料(50×30天板2枚分 またはミニロールケーキ24個分 / シリコンカップS 8個分)

生地

  • 大豆粉
  • 140g
  • ココナッツシュガー
  • 150g
  • 全卵(M)
  • 7個
  • 牛乳
  • 40cc
  • バニラエッセンス
  • 適量
  • 色粉(赤・緑・ココアなど)
  • 適量

クリーム

  • 生クリーム
  • 200cc
  • ココナッツシュガー
  • 30g
  • 色粉(赤・緑など)ココアパウダー
  • 適量

ココアカップケーキ

  • 大豆粉
  • 80g
  • ココナッツシュガー
  • 125g
  • バター
  • 125g
  • 全卵(M)
  • 2個
  • 卵黄
  • 2個
  • ココアパウダー
  • 25g
  • バニラエッセンス
  • 適量
  • ミックスナッツまたはアーモンドスライス
  • 適量

作り方

  • ロールケーキ
  • 1
  • 全卵を卵白と卵黄に分ける。大豆粉はふるっておく。
  • 2
  • 卵黄には全体の1/3量のココナッツシュガーを入れ、泡立て器でもったりするまで混ぜる。
  • 3
  • 卵白には残りのココナッツシュガーを3回に分けて入れて泡立て器で混ぜ、メレンゲを作る。
  • 4
  • 卵黄の方に1/3量のメレンゲと大豆粉を加えてゴムべらで混ぜる。この時、ダマにならないようしっかり混ぜる。
  • 5
  • 残りのメレンゲを入れてさっくりと混ぜる。
  • 6
  • 最後に牛乳とバニラエッセンスを加えて混ぜる。
  • 7
  • 色を付けたい量だけ生地を別にして、少量の分量外の水で溶いておいた色粉(ココア)と混ぜ合わせる。
  • 8
  • クッキングシートを敷いた天板に好きな模様(※)で生地を流し入れ、180℃に予熱しておいたオーブンで10~15分ほど様子を見ながら焼く。
  • 9
  • 生クリームにココナッツシュガーを加えて泡立て、クリームを作る。(色を付けたい場合は少量の分量外の水で溶いた色粉を加える)
  • 10
  • 焼きあがった生地にクリームを入れて巻き、好きな長さにカットし盛り付けて完成!
  • 模様のつけ方
  • 【水玉】絞り袋に入れクッキングシートの上に水玉にしぼる(少し冷凍しておくときれいに模様がつきます)。その上から違う色の生地を流し入れる。
  • 【ストライプ】二色の生地を用意し、それぞれ絞り袋に入れ、交互に絞っていく。
  • ※時間が経つとメレンゲの泡がなくなってしまい、生地がうまく巻けなくなってしまうので、手早く仕上げること!
  • ココアカップケーキ
  • 1
  • バター・卵を室温に戻しておく。全卵と卵黄は合わせて溶いておく。大豆粉とココアパウダーは合わせてふるっておく。ミックスナッツが大きすぎる時は少し砕いておく。
  • 2
  • 室温に戻しておいたバター、ココナッツシュガー、バニラエッセンスを泡だて器でよく混ぜ合わせる(バターが固い場合は湯煎で少し軟らかくすると混ぜやすい)。
  • 3
  • ②に卵を2回くらいに分けて入れ、よく混ぜる。分離するかしないかくらいがちょうど良い。
  • 4
  • ③にふるった粉類を入れ、ゴムべらでよく混ぜ合わせる。
  • 5
  • カップケーキの型に④を8分目くらいまで入れ、上にミックスナッツ・アーモンドスライスを乗せる。
  • 6
  • 180℃に予熱しておいたオーブンで15~20分焼いて完成!

    栄養ポイント

  • GI値とは、食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。GI値が低い食品は血糖値の上昇を穏やかにする働きがあります
  • 大豆粉は小麦粉と同じ量で代用でき、低GI
  • ココナッツシュガーも同じく低GIで、血糖の上昇がゆるやかです
  • 本気のバレンタインケーキとして、見た目はかわいく豪華に仕上げました
  • 血糖値が気になる相手に、おいしいお菓子を贈りたい方にオススメです

今回の担当

ケアホーム三浦

管理栄養士:坂井 澪子