お知らせ ひとプロジェクト

ひとプロジェクト【第14回・後編】リハビリテーション部門 部長/池村 健さん

ひとプロジェクト 池村 健さん
ひとプロジェクト 池村 健さん

ロングショットで見るリハビリテーション部の未来と原動力のはなし。

異例のスピード出世後、リハビリテーション部の部長となった池村 健さん。後編ではグループの代表とのエピソードから考えるリーダー論からプライベートでも仲間に囲まれて過ごす池村さんらしい趣味の話までお伺いしました。

「嫌われろ!」という教え

―部長になってから印象的な出来事はありましたか。

強烈だったのは、代表からのアドバイスですね。

―どんなアドバイスだったのでしょうか。

僕は部下や他部署から嫌われながら仕事するのが嫌で、波風立てずに物事を進めていきたい気持ちがありました。代表から「そこが甘い」と指摘を受け「根拠のある話をして、こっちを振り向かせろ」と言われました。「嫌われろ」って言われましたね。

―インパクトのある言葉ですね。

そうですね。代表らしい発言だと思います。僕が弱腰で接していることに対して、襟を正してもらえた良い機会でした。

―実践されてるんですか。

いやぁ(苦笑)。「根拠のある話をしろ」と「嫌われろ」を横に並べて実践するのは、カリスマ性がないと難しいです。

―「嫌われる勇気」難しそうです。

その前に真似るリーダーが大きすぎるでしょ。施設同士でグループの足並みを揃えるように各施設に求めるときは「根拠のある話」を例にして説明するので、そういったところは真似ているかもしれません。でも、嫌われるのは嫌やけど(笑)。
 


 
 

目標は、スペシャリストとジェネラリストがいる環境

―リハビリテーション部の来年度の計画を教えてください。

実技を希望する声が多数あがってきたので、来年度からは実技の充実を図れる教育プログラムに組み変えていく予定です。

―現場の声を反映した内容なんですね。

できるだけ反映した計画で進めています。もちろん、何でも実現できるわけではないですが、各施設の上長や役職者会議などで情報交換ができているので、改善できるものから取り組んでいます。

―部長としての構想はいかがですか。

まだまだ途中段階ですが、質の向上に力を注ぐ予定です。専門分野の認定資格を取得すると給与に反映される仕組みはできましたが、「スペシャリスト」がグループの組織を超えて秀でた活躍ができる環境を整えていきたいです。

―グループを超えた活躍ですか。

そうです。例えば、「肩関節だったらあの病院のこの人に聞けばいい」というのが、すでにグループの中で浸透していて、何かの学会に参加した職員が病院関係者から「肩関節の人、有名ですよね」って声をかけてもらえるとか。グループの規模だけじゃなくて、各エリアにも「あの人、すごく有名ですよね」っていう存在を作っていきたいです。

―個人のスキルも伸ばしていく方向なんですね。

そうですね。好きな分野なら何時間でも勉強するという職員が実際にいてますし、そういう部分も刈り取ってしまわずに、伸ばす教育も必要だと考えています。業界の関係者が絶賛するような人材が職場にいたら楽しいですよね。
 


 
 

仲間に囲まれて過ごすことが何よりも原動力になる

―池村さんの原動力はどこから来るのでしょうか。

クラブ活動や飲み会ですね。

―大勢で過ごすことがお好きなんですね。

めっちゃ好きです(笑)。仲間と一緒にお酒を飲みながら、いろいろと語るのが僕の原動力になっています。

―病院のクラブ活動は何をされているんですか。

病院というより、グループに所属する関西メンバーでゴルフクラブを作って定期的に集まっています。そのメンバーから刺激を受けることが多いです。置かれた環境や状況も分かっている仲なので、感化されやすいのかなぁ。

―仲間からパワーをもらっているんですね。

そうですね。ゴルフに限らず、新しい施設の立ち上げや応援に出向いたことで巡り会えた仲間が財産になっています。僕がやってみたいことを実行に移せたのは、間違いなく彼らの存在があったからです。ゴルフは趣味ですけど、ゴルフを始めて、代表や理事の方々ともコースを回る機会もできました。

―緊張感のあるゴルフですね。

いやいや。普段、代表は僕を褒めるタイプじゃないんですが、ゴルフになると「ええショットやな」って褒めていただけるので貴重です(笑)。僕の中で代表はワクワクする存在ですよ。
 


 
 

昔から変わらず好きなものでリフレッシュ

―では、ゴルフ以外でリフレッシュといえば何ですか。

釣りですね。僕、船舶免許の2級を持っているぐらい海釣りが好きなんです。

―本格的ですね。

釣った魚をその場で調理したり、海の色が濃い青になってくる境界線みたいな場所まで船を出して、釣りをするのが好きなんですよ。濃紺が好きなので、海を眺めているだけでも癒されます。

―魚を食べることも好きなんですね。

そうですね。新鮮な魚は美味しいですから。でも、好きな食べ物といえば、生肉が好きです。今は食べる機会がなくなったけどユッケ、馬刺し、生レバーとか。

―魚じゃないんですね(笑)。

(笑)。
 


 


profile


平成医療福祉グループ リハビリテーション部
部長 池村 健(いけむら たけし)

【所属】博愛記念病院
【出身】徳島県
【趣味】釣り、ゴルフ
【好きな食べ物】生肉
【好きな色】濃紺

 

病院情報



https://hakuaihp.jp

医療法人平成博愛会 博愛記念病院

徳島県徳島市勝占町惣田9

内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、リハビリテーション科、放射線科

開設当初から“患者本位”のサービスを目指して、療養環境向上に向けたあらゆる取り組みを展開しています。急性期から慢性期まで幅広く対応しながら、最先端のロボット機器を導入したリハビリテーションに力を入れる病院です。